2008年05月11日

FC東京vs柏レイソル戦

昨年に引き続き、味の素スタジアムでFC東京さんと、柏レイソル戦でイベントを開催した。終盤にビッグチャンスが何度かあったけど最後まで得点できず残念ながら敗戦。それにしても今日は本当寒かった。

SA3A0586.jpg

帰りに、明大前のじゅうじゅうぼうぼうで新鮮なホルモンのお刺身を食べた。

a403600v[1].jpg

FC東京Nさん大変お世話になりありがとうございました。
posted by 僕の細道 at 01:05| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

日溜り

後ろ髪を引かれる思いで、鹿児島をあとにした。「帰るから」と言ったその日の朝、祖母は僕のことをはっきりと思い出したようだった。近いうちにまた来ることを約束した。急ぐ理由もないので空港ではなく駅をめざした。

SA3A0482.jpg

薩摩富士と称される開聞岳。お見事な円錐。

SA3A0549.jpg

列車に揺られる。日溜り。。。しばしまどろむ。

SA3A0504.jpg

何本か列車を乗り換えてようやく博多駅に到着。

SA3A0501.jpg

博多駅でラーメンを食べたあと、東京行きの新幹線に乗り込んだ。

posted by 僕の細道 at 09:20| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

そぞろあるきたそがれに

SA3A0542.jpg

日本最南端の駅、西大山駅、無人駅。

1183264596_s[1].jpg
指宿温泉の砂蒸し風呂。10分で全身汗だく。

946055b[1].jpg

その後は焼酎バー。ここでは、毎晩、芋、黒糖、麦の利き酒を楽しませてくれる。薩摩の酒器黒ぢょかでいただくと何十倍にも美味しく感じられる。加えて、語り部のごとくオーナーさんが、個々の酒造の物語(ストーリー)を熱く熱く語ってくれるから、よけいに美味しく感じる、というか味わいながらいただかないとばちがあたるような気がする。

難しい話はさておき、個人的には、芋芋しい焼酎ときびなごのお刺身だけで幸せな気持ちになれる。
posted by 僕の細道 at 22:19| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

よろずに語りつがん

平和の祈りをこめた石碑が道沿いに連なっている。これを見る度感慨深くなる。知覧と万世から特攻隊員が祖国を守るため沖縄方面に出撃していった。太古の出来事でなく昭和20年…

bansei05[1].jpg
posted by 僕の細道 at 13:42| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

鹿児島へ

今から鹿児島に行く。東シナ海に面した薩摩半島の南端に祖母が住んでいる。

毎晩、何かにつけて電話をかけてきた。東京で何かあれば「巻き込まれなかったか?」、イギリスで何かあれば「出張はやめなさい」「会社を辞めなさい」などなど。時に面倒だなっと思ったことも少なからずあった。でも、今は、そういう電話もなくなった。どことなく淋しい。

普段は、忙しいからという理由でとんぼ返りだが、今回は、ゆっくり滞在することにする。誰かが言った、「忙しい」は永遠に解決しない悩みと同じだと。自発的に時間を作ることが唯一の解決策だそうだ。そこで今回はえいやっと5日間の有給を取得することにした。

18時03分東京発の寝台列車「はやぶさ」を乗り込む。およそ15時間近い列車の旅となる。読みかけの本を3冊、新刊を3冊をかばんに詰め込んだ。あとは、夜食と明日の朝食だ。飛行機では味わうことができない豊かな時間を過ごせそうな気がする。

posted by 僕の細道 at 16:48| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

運命

「運命=人間の意志にかかわりなく身の上にめぐってくる吉凶禍福。それをもたらす人間の力を超えた作用」

...たまたま訪問したオフィスに自分と同姓同名の人物がいた。しかも漢字もまったく一緒。おまけに産まれ育ったとこもほとんど同じ。...そして、会うことになった。

昨日は、朝からそわそわして落ち着かなかった。仕事をしていても心ここにあらず。もうひとりの僕の細道くんは、どんな生活環境で育ってきたのだろうか、どういう理由でこの街にきたのだろうか、どういうきっかけで今の会社に入ったのだろうなどなど自問自答しながら、勝手な妄想を膨らませていた。

19時15分に某書店で待ち合わせ。19時前にいきなり上司につかまった。が、振りほどいて最寄り駅へ走った。電車のなかで19時15分になってしまった。いけない、その瞬間、着信記録が。もうひとりの「僕の細道」くんからだ。時間にルーズだと怒ってしまったのか、それともキャンセルなのか。電車なので折り返すことができない。ようやく駅に到着し、待ち合わせの場所をめざし走った。水に濡れた傘が通行人に幾度もぶつかる。「すみません」。入り口にそれらしい人を発見した。息をきらしながら「遅れてすみませんでした、僕の細道さんですよね」と声をかけた。が、いぶかしげな眼差しを向けられた。「すみません。」

携帯に電話をして、入り口まででてきてもらった。はじめましてだが、はじめましてのような気がしない。同僚の人も一緒だった。この感動的な出会いに立ち会いたいという。カメラを持参していた。ある意味、ドキュメンタリー番組として成立するかもしれない。この瞬間にどんな効果音が流れるのか。3人で近くの居酒屋へ入った。

はなしをきくと生まれ育ったところは目と鼻の先だった。柱本団地、淀川、一号線、芦原橋、うつぼ公園、手島病院、オートバックス、福島駅南口、開かずの踏み切り…でるわでるわローカルな話題。懐かしいあの頃の自分にタイムスリップ。気がつくと「お客さん、2時です。閉店です」と。最後に同僚のSさんから記念写真を撮られて、帰路についた。

posted by 僕の細道 at 14:21| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

当意即妙な女優

ビートルズを育んだリバプールの街をPRするイベントを実施した。ビートルズに影響を受けた人気アーティスト数名をゲストとしてお迎えした。複数のアーティストが絡むと、強烈なインパクトを演出できるメリットはあるが、いくら台本があるといっても主催者の意向と違う方向に話が展開するリスクもある。経験の浅いMCや奥ゆかしいMCだと個性の強いゲストに話がひっぱられてしまう。ある程度、ゲスト同様、いやそれ以上に個性の強い、それていて統率力あるMCが必要となる。で、今回は、番組パーソナリティとは別に、女優の藤田朋子さんにゲスト兼MCの役をお願いした。旅番組でリバプールを訪問していること、英語が得意なこと、ビートルズのファンであることからもまさに適任。時に「冷やっ」とする瞬間もあったが、ゲストを立てながらも話を本筋に戻したり、笑いでさらりと交わしたり、ほんとうお見事なほど、当意即妙な対応をしてくださった。加えて、彼女の屈託ない笑顔と愛嬌あるキャラクターで会場に、笑いの波がドット押し寄せたり、終始大賑わい。主催者だけでなく今回の関係会社やスタッフも大満足。本当にいいイベントだった。この模様は4月13日19時からTFMで放送します。

最後に、ホリプロの皆様、藤田さまご協力ありがとうございました。

藤田さんのブログhttp://fujitatomoko.at.webry.info/
posted by 僕の細道 at 22:20| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

赤坂Sacas

会社の近くに「赤坂Sacas(あかさかさかす)」がオープン。まるで早口言葉のようなネーミングだ。

「Akasaka Sacas」を逆から読むと「saca saka saka(坂、坂、坂)」。どうやら適当に作られたネーミングでもないらしい。坂の多いこの地域を表しているのだという。

ここは桜坂。本当、きれい。

SA3A0437.jpg

posted by 僕の細道 at 23:55| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。