2008年06月22日

最終回

みなさま

こんばんは。

2006年4月から約2年間、seesaaで『僕の細道』を書いてきました。残念ですが今日が最終回となります。

今後は、以下のURLに引越いたします。

http://ameblo.jp/boku-no-hosomichi/


これまで大勢の方々に読んでいただき感謝申し上げます。

そして、今後ともよろしくお願いいたします。

僕の細道
posted by 僕の細道 at 22:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

キャッチアップ

仕事が少し落ち着いたので、今週は、世の中の流行にキャッチアップしている。

まず映画。相変わらず人気があるらしいので、遅ればせながら、「相棒」と「ザ・マジックアワー」を観た。「相棒」はテレビ番組の枠を超えしっかりとした作品に仕上がっていた。三谷作品は、ん〜、微妙。出演者の顔ぶれもいつもと一緒、笑いの壷もほぼ同じ。本当、代わり映えしなくなった。

トラブル続きではあるが、東京メトロ副都心線もとりあえず体験。渋谷から池袋なら山手線で十分だと思う。そもそもなぜ必要なの?なぜわざわざ山手線の近くを並行して走らせるの?表参道から新宿への移動は便利になったことは認めるが。

あと本屋。桐野夏生の『東京島』とスティーブン・コビーの『7つの習慣』を推薦してもらった。前者は、家庭崩壊や貧困など現在の日本の問題点が集約されている小説。実在する島ならばぜひ訪れてみたい。後者は今さらだが...かなり読み応えのある一冊だ。

あとは、ミルクシーフードヌードルとロッテリアの絶品チーズバーガーも口にしなければ。それに、三井アウトレットパーク入間も一度は見てみたい。

SA3A0597.jpg
posted by 僕の細道 at 01:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

胸が痛い

暗いニュースが続く。なかでも僕を震撼させたのは岩手・宮城内陸地震だ。このあたり知る人ぞ知る秘湯エリアだ。僕のお気に入りのエリアでもある。温泉地の活性化に精進された方々も巻き込まれたと聞いてさらに胸が痛い。
posted by 僕の細道 at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

英会話レッスン

日本人全員集合!日本人社員よ、今週から週一回の英会話レッスンを義務づけまーす!

「えっ、なぜ?いまさら!」「それって猿に木登りじゃないでしょうか?」皆、一様に天を仰ぎ見ていた。

でも話をよくよく聞くと返す言葉もございません。

イギリス式の社交界やフォーマルパーティーで品行方正な振る舞い、高尚かつ高貴な会話術をマスターするためのレッスンだという。

僕はこういうのが大の苦手だ。いや、嫌いだ。断われるものなら断わりたい。断わるための理由を精一杯考えてしまう。エリザベス女王の誕生日パーティー、ボールルーム舞踏会、ミニスター主催の着席ディナー、レディ主催のお茶会...招待状が届くたびに「どうかすでに別のアポが入っていますように」と神様に祈りながら開封する。

凡人でない相手を前に話題を探すが一苦労。共通の話題に花が咲いたと思えば2分も経過するとたちまちしおれてしまう。外人だらけの社交界では壁の花となってしまう。着席スタイルのディナーではお下品と思われないようにナイフを使う料理にはなるべく手を出さない。

こうした苦痛を克服するための訓練か...でも、こういうのって付け焼刃でマスターできるものなのか?生まれ育った環境に左右されるものではなかろうか?付け焼刃はきっとはがれやすいと思う。いや、絶対にはがれる。

posted by 僕の細道 at 12:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

バス通勤

バス通勤をはじめて半月が過ぎた。最初、平穏な日常生活に刺激を取り入れた感覚で心踊らせていた。が、停留所で雨に打たれることがこの先も続くのかあと思うと気持ちも萎えてきた。定期、電車に戻そっと。
posted by 僕の細道 at 09:06| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

あまりにも急すぎる

ぽかぽか陽気のなか2時間かけて千葉県の露天温泉へ。日曜だというのに人がほとんどいない。ほぼ貸切状態だった。湯船から出てしばらくたつと体中に白い塩が浮かんでくる。塩分濃度がかなり高い温泉なのだろう。

金曜日の夜に出版社のOさんから連絡が入った。「僕の細道さん、すみませんが、校正を月曜日までに戻していただけないでしょうか。」

通常、出版に際しては、初校、再校、三校、校了のプロセスがとられている。でも、発売予定日が遅れに遅れているのでこれで校了としたいらしい。「えっ、でも、そんなぁ、あまりにも急すぎる...」

日常生活の延長線上で、書いたり、読んだりすることができない。気持ちを切り替え、とことん集中できる環境に自分を追い込まないとできない。全身全霊を唯一捧げることができる場所が、自宅でも図書館でも喫茶店でもなく、温泉なのである。本当なら、文豪気分になれるような信州とか東北の鄙びた秘湯宿に行きたいところなのだが。

油性ペンと原稿を湯船に持ち込み、目を皿にして読む。のぼせてきたらあがって再び原稿に目を通す。体が冷えてきたら湯船に浸かり再び原稿に目を通す...この繰り返し。

だが、まだ、終わらない...焦ってきた...

posted by 僕の細道 at 20:59| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

同級生

たった一度の出会いであってもまた会ってみたいと畏敬してやまない人がいる。IさんもNさんもそのひとり。7,8年前にふとしたきっかけで出会い、年に何度か杯を交わすようになった。Iさんは僕と同い年の同級生、Nさんは2つ上だけど同級生のような感覚。昨夜も21時から今朝5時まで呑んでいた。学校を卒業して社会人になると同級生を意識することは少なくなる。でも、やっぱり同級生といる時間はいいもんだ。番組ライター中野氏のエッセイがこの気持ちをうまく表現している。


…性別、職業、出身地など様々な違いがあるけれど、年齢の違いというのは数字で示される。その差を計れる。そして多くの方がそうだと思うのですが、少なくとも僕は、そのひとが自分よりいくつ年上か年下か、あるいは同い年かが、気になります。そのひとの年齢を知ると、自分との距離がわりと正確につかめるからです。そして、そのひとが自分と同じ年か近い年齢だとわかると、途端にその距離が近くなる気がします。
 


同級生意識とでもいうのでしょうか。そこにはクラスメートに抱いた親近感と、ちょっとしたライバル心が入り混じっています。

 

同じこの国で生まれ、おそらくだいたい同じようなものを食べ、同じようなニュースをみて、同じような教科書で勉強し、同じような時間に寝起きしていたはずです。「給食の先割れスプーン」とか「ノストラダムスの大予言」とか、自分たちの世代ならではの話題も共有できているでしょう。同級生意識という同じモノサシを持っている。


なのに、です。僕とその人は、いま、ぜんぜん違うところにいます。どこにどんな分かれ道があったのだろう。それを知りたくてたまらなくなる。かつては同じスタートラインにいたはずなのに。

 

同級生のいまを観ることで、いまの自分の位置を知る。

もしも神様がすべての同級生がいまどのように生息・分布しているかを示す地図を持っているならば、自分はそのどのあたりにいるのか。そして、彼と自分はどれくらい離れているのか。その間にはどんな山があって谷があって、その険しい道のりを彼はどうやって乗り越えてきたのか。

 

そのときには、羨望とか嫉妬とか焦燥とかを少なからず感じてしまいます。けれど、その人と自分が同級生として同じ地図に載っていることを誇らしくも思うのです。ホント、こんな同級生には、参ってしまいます。自己嫌悪に陥るくらいです。と同時に、思うのです。「僕もちゃんと頑張らなきゃヤバいんじゃない」。


でも、こういう同級生が僕の生活を豊かにしてくれます。明日への奮起を促してくれます。妄想ではあるけれど、素敵な同級生と同じ時代を生きていることに、感謝です。

posted by 僕の細道 at 20:31| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

豊かな時間

映画『西の魔女が死んだ』を観た。10年前に発表された梨木香歩原作の小説がついに映画化され、待ってました!とばかり試写会に飛びついた。周囲は、涙・涙・涙、鼻水ずるずるの状態だった。でも、この映画、決してお涙ちょうだい作品として扱ってはいけない。「豊かな時間とは?」「やさしい気持ちとは?」「幸せとは?」などなど頭が回転するくらい考えさせられた。脇目も振らずに働いている大人こそが観るべき作品だと思った。俳優、大森南朋と木村祐一の対比が妙にリアル感を醸しだしていた。
posted by 僕の細道 at 22:35| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

FC東京vs柏レイソル戦

昨年に引き続き、味の素スタジアムでFC東京さんと、柏レイソル戦でイベントを開催した。終盤にビッグチャンスが何度かあったけど最後まで得点できず残念ながら敗戦。それにしても今日は本当寒かった。

SA3A0586.jpg

帰りに、明大前のじゅうじゅうぼうぼうで新鮮なホルモンのお刺身を食べた。

a403600v[1].jpg

FC東京Nさん大変お世話になりありがとうございました。
posted by 僕の細道 at 01:05| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

日溜り

後ろ髪を引かれる思いで、鹿児島をあとにした。「帰るから」と言ったその日の朝、祖母は僕のことをはっきりと思い出したようだった。近いうちにまた来ることを約束した。急ぐ理由もないので空港ではなく駅をめざした。

SA3A0482.jpg

薩摩富士と称される開聞岳。お見事な円錐。

SA3A0549.jpg

列車に揺られる。日溜り。。。しばしまどろむ。

SA3A0504.jpg

何本か列車を乗り換えてようやく博多駅に到着。

SA3A0501.jpg

博多駅でラーメンを食べたあと、東京行きの新幹線に乗り込んだ。

posted by 僕の細道 at 09:20| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

そぞろあるきたそがれに

SA3A0542.jpg

日本最南端の駅、西大山駅、無人駅。

1183264596_s[1].jpg
指宿温泉の砂蒸し風呂。10分で全身汗だく。

946055b[1].jpg

その後は焼酎バー。ここでは、毎晩、芋、黒糖、麦の利き酒を楽しませてくれる。薩摩の酒器黒ぢょかでいただくと何十倍にも美味しく感じられる。加えて、語り部のごとくオーナーさんが、個々の酒造の物語(ストーリー)を熱く熱く語ってくれるから、よけいに美味しく感じる、というか味わいながらいただかないとばちがあたるような気がする。

難しい話はさておき、個人的には、芋芋しい焼酎ときびなごのお刺身だけで幸せな気持ちになれる。
posted by 僕の細道 at 22:19| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

よろずに語りつがん

平和の祈りをこめた石碑が道沿いに連なっている。これを見る度感慨深くなる。知覧と万世から特攻隊員が祖国を守るため沖縄方面に出撃していった。太古の出来事でなく昭和20年…

bansei05[1].jpg
posted by 僕の細道 at 13:42| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

鹿児島へ

今から鹿児島に行く。東シナ海に面した薩摩半島の南端に祖母が住んでいる。

毎晩、何かにつけて電話をかけてきた。東京で何かあれば「巻き込まれなかったか?」、イギリスで何かあれば「出張はやめなさい」「会社を辞めなさい」などなど。時に面倒だなっと思ったことも少なからずあった。でも、今は、そういう電話もなくなった。どことなく淋しい。

普段は、忙しいからという理由でとんぼ返りだが、今回は、ゆっくり滞在することにする。誰かが言った、「忙しい」は永遠に解決しない悩みと同じだと。自発的に時間を作ることが唯一の解決策だそうだ。そこで今回はえいやっと5日間の有給を取得することにした。

18時03分東京発の寝台列車「はやぶさ」を乗り込む。およそ15時間近い列車の旅となる。読みかけの本を3冊、新刊を3冊をかばんに詰め込んだ。あとは、夜食と明日の朝食だ。飛行機では味わうことができない豊かな時間を過ごせそうな気がする。

posted by 僕の細道 at 16:48| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

運命

「運命=人間の意志にかかわりなく身の上にめぐってくる吉凶禍福。それをもたらす人間の力を超えた作用」

...たまたま訪問したオフィスに自分と同姓同名の人物がいた。しかも漢字もまったく一緒。おまけに産まれ育ったとこもほとんど同じ。...そして、会うことになった。

昨日は、朝からそわそわして落ち着かなかった。仕事をしていても心ここにあらず。もうひとりの僕の細道くんは、どんな生活環境で育ってきたのだろうか、どういう理由でこの街にきたのだろうか、どういうきっかけで今の会社に入ったのだろうなどなど自問自答しながら、勝手な妄想を膨らませていた。

19時15分に某書店で待ち合わせ。19時前にいきなり上司につかまった。が、振りほどいて最寄り駅へ走った。電車のなかで19時15分になってしまった。いけない、その瞬間、着信記録が。もうひとりの「僕の細道」くんからだ。時間にルーズだと怒ってしまったのか、それともキャンセルなのか。電車なので折り返すことができない。ようやく駅に到着し、待ち合わせの場所をめざし走った。水に濡れた傘が通行人に幾度もぶつかる。「すみません」。入り口にそれらしい人を発見した。息をきらしながら「遅れてすみませんでした、僕の細道さんですよね」と声をかけた。が、いぶかしげな眼差しを向けられた。「すみません。」

携帯に電話をして、入り口まででてきてもらった。はじめましてだが、はじめましてのような気がしない。同僚の人も一緒だった。この感動的な出会いに立ち会いたいという。カメラを持参していた。ある意味、ドキュメンタリー番組として成立するかもしれない。この瞬間にどんな効果音が流れるのか。3人で近くの居酒屋へ入った。

はなしをきくと生まれ育ったところは目と鼻の先だった。柱本団地、淀川、一号線、芦原橋、うつぼ公園、手島病院、オートバックス、福島駅南口、開かずの踏み切り…でるわでるわローカルな話題。懐かしいあの頃の自分にタイムスリップ。気がつくと「お客さん、2時です。閉店です」と。最後に同僚のSさんから記念写真を撮られて、帰路についた。

posted by 僕の細道 at 14:21| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

当意即妙な女優

ビートルズを育んだリバプールの街をPRするイベントを実施した。ビートルズに影響を受けた人気アーティスト数名をゲストとしてお迎えした。複数のアーティストが絡むと、強烈なインパクトを演出できるメリットはあるが、いくら台本があるといっても主催者の意向と違う方向に話が展開するリスクもある。経験の浅いMCや奥ゆかしいMCだと個性の強いゲストに話がひっぱられてしまう。ある程度、ゲスト同様、いやそれ以上に個性の強い、それていて統率力あるMCが必要となる。で、今回は、番組パーソナリティとは別に、女優の藤田朋子さんにゲスト兼MCの役をお願いした。旅番組でリバプールを訪問していること、英語が得意なこと、ビートルズのファンであることからもまさに適任。時に「冷やっ」とする瞬間もあったが、ゲストを立てながらも話を本筋に戻したり、笑いでさらりと交わしたり、ほんとうお見事なほど、当意即妙な対応をしてくださった。加えて、彼女の屈託ない笑顔と愛嬌あるキャラクターで会場に、笑いの波がドット押し寄せたり、終始大賑わい。主催者だけでなく今回の関係会社やスタッフも大満足。本当にいいイベントだった。この模様は4月13日19時からTFMで放送します。

最後に、ホリプロの皆様、藤田さまご協力ありがとうございました。

藤田さんのブログhttp://fujitatomoko.at.webry.info/
posted by 僕の細道 at 22:20| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

赤坂Sacas

会社の近くに「赤坂Sacas(あかさかさかす)」がオープン。まるで早口言葉のようなネーミングだ。

「Akasaka Sacas」を逆から読むと「saca saka saka(坂、坂、坂)」。どうやら適当に作られたネーミングでもないらしい。坂の多いこの地域を表しているのだという。

ここは桜坂。本当、きれい。

SA3A0437.jpg

posted by 僕の細道 at 23:55| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

同姓同名

もうひとりの僕。僕と同姓同名の人がオフィスを訪ねてきた。あいにく外出してたので会うことができなかった。名刺を見て驚いた。同姓同名、字も完全に一致。僕ももうひとりの自分に会いたくなった。
posted by 僕の細道 at 20:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

顔から火が出る思い

某イベントのオープニングセレモニーに招待された。テープカットにも参加するらしい。報道陣もスタンバイしているという。

始発列車に乗るため夜明け前に起床。久しぶりの早起き。眠気まなこをこすりながら、血糖値を上げようと菓子パンにかぶりつき、缶コーヒーをがぶ飲み。行政も深く関わっていることもあり、クローゼットの奥からブラックスーツを引っ張りだす。早春といっても早朝は厳寒。薄手のコートを身にまとい、いざ出発。外はまだ薄暗い。血糖値はあがらず頭はボーとしていた。

列車に飛び乗り目的地まで爆睡。9時に会場に到着した。まだ眠い。外はまだ寒い。コートが手放せず、身にまといながらリハーサルに臨んだ。本番30分前にコートを脱ぐ。その瞬間、体が凍りついてしまった。なんと上下が合っていなかったのだ。

全く気がつかなかった。。。パンツは確かにブラック。でも上着が。。。ブラックだと思ったのに。。。

明らかに変。周囲の視線が気になりだすと、いたたまれなくなる。上着を脱いでしまおうと考えたが、主催者に失礼だし、余計に目立ってしまう。かといって、コートを着たままテープカットするのは不気味。スーツを買い換える時間もない、それにお店もない。結局、主催者に事情を説明して、来賓からはずしていただいた。

終始コートを身にまとい、会場の隅で突っ立っていた。穴があったら入りたかった。

posted by 僕の細道 at 23:23| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

小さな喜び

夕方から埼玉の大宮で会議。その後、皆で駅近くの哀愁漂う居酒屋へ。窓から桜が見えた。

大宮といっても、僕にしてみれば1時間も列車にのれば、出張ではなく「旅」となる。旅情が掻きたてられてくる。アドレナリンも分泌してくるのもわかる。

お酒も食事も普段より格段美味しく感じられた。で、今、りんかい線に揺られて帰路の途中。日常に転がる小さな喜びである。
posted by 僕の細道 at 22:55| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

うららか

SA3A0424.jpg

うららかな小春日和だった。近所の桜が一気に開花した。心なしか、風も甘い香りに包まれているような気がする。この季節になると無性に新しいことに挑戦してみたくなる。

posted by 僕の細道 at 00:18| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ミラクルパワー

12時間眠り続けて起床。パソコンを立ち上げ、画面に向かって執筆を開始。今週末が締め切りだというのに半分くらいしか書けていない。カタカタカタカタ…途中息抜きのためにコンビニで立ち読み。そして再び画面に向かってカタカタカタカタ。そして立ち読み。今日はこの繰り返し。おかげで夕方にすべて書き終えることができた。あとは出版者さんよろしく。
posted by 僕の細道 at 21:40| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

早退

突然、体調がおかしくなり会社を早退。どうしたことやら。しばらく家で安静。とはいっても携帯には慈しみなく電話がかかってくる。電源を切りたいのだが期末なので色々気になっているので切れない。結局、早退しても安静どころではない。明日が祝日なのが救われる。
posted by 僕の細道 at 20:06| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

東京ドーム

セリーヌ・ディオンのコンサートに行ってきた。東京ドームだから仕方ないけどステージがよく見えない。映し出される大型スクリーンを見ながら音楽を聴いているので自宅でDVDを見ているような感覚になる。

実は、彼女のコンサートはこれで4度目。今日は、なんとなく、やっつけコンサートっぽかった。機械的というか、事務的というか、なんというか。where does my heart beat now...を歌っていた14,15年前の方が断然よかった。途中、衣替えすることなく、終始、紺色のジャケットを身にまとい、緊張しながら必死で歌っていた。たどたどしい英語でトークする姿は痛々しくうつったが、「頑張って!」とエールを贈ろうという気になった。

今日見た彼女の姿からそんな気持ちは消えうせていた。
posted by 僕の細道 at 23:58| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

頭から離れない音楽

ある音楽が頭から離れない、頭の中でこだまするから、何をやっても集中できない、歩きながらふと口ずさんでしまう。こういう経験は誰にでもあるのだろうか。学生の頃は、こういうことは頻繁にあった。でも、社会人になってそんなことは皆目なくなった。

でも、今、まさに僕はこの状態なのだ。

前回ブログでも書いたけど、2週間前にサーカスと仕事をご一緒した。サーカスといえば、僕の親の世代の歌手である。絶対に自発的には聞くようなアーティストではない。でも、メンバーのひとり原順子さんが会場で『ちゅらうた』をライブで披露してくれた。

はじめて聴いた曲なのになぜかせつなく、懐かしく、そして、胸にぐっと迫るものがあった。それ以来、ずっとずっと、この音楽のことが頭から離れなくなった。

メイジャーな楽曲ではないことを知りつつも、時間を見つけてはCD屋に足を運んでいた。が、やはりどこにも置いていなかった。仕方なくAMAZONでオーダーし昨夜ようやく届いたのだ。

…丑三つ時まで繰り返し聞いていた。今日は、片方の耳にヘッドフォンをあてて仕事をするありさま。休み時間には両方の耳で。それにしても本当にいい音楽とめぐりあえた。

posted by 僕の細道 at 22:49| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

ありえない

昨日1m以上もある細長い荷物が届いた。送り主に心当たりがない。ドキドキしながら開梱すると、厳重に梱包された1本の自然薯(じねんじょ)が。岐阜県特選の高価な自然薯らしい。レターが入っている。キャンペーン当選通知と記している。岐阜県に宿泊してくれてありがとう…厳選なる抽選の結果…あなた様に当選しましたと。

で、今朝、宅配便がまた届いた。かなり重い。同じく岐阜県からである。厳重に梱包された桐箱を開けると美濃焼の食器セットが入っている。美濃焼といえば日本屈指の歴史と伝統を誇る焼物のひとつだ。キャンペーン当選通知がまた入っている。

これだけじゃない。小一時間後、また宅配便が。箱は大きいが2回目よりも軽い。同じく岐阜県からである。箱を履けると飛騨特産山椒粉の缶が。しかも8本。おそらく一生かけても消費しきれない量である。山椒はうなぎを食す以外ではあまり接点がない。またまた同じくおめでとう通知が。

前回ブログにも書いたけど、昨年11月白川郷から奥飛騨を旅行していたとき、確かに岐阜県宿泊キャンペーン実施期間だったような気がする。どこかで応募したのかもしれない。

でも不思議、不思議。なぜ同一人物が3度も当選するの?とはいっても、やはりうれしい。再び、岐阜県へ足を運ぼうかなという気になってしまう。

posted by 僕の細道 at 12:27| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。