2008年03月03日

頭から離れない音楽

ある音楽が頭から離れない、頭の中でこだまするから、何をやっても集中できない、歩きながらふと口ずさんでしまう。こういう経験は誰にでもあるのだろうか。学生の頃は、こういうことは頻繁にあった。でも、社会人になってそんなことは皆目なくなった。

でも、今、まさに僕はこの状態なのだ。

前回ブログでも書いたけど、2週間前にサーカスと仕事をご一緒した。サーカスといえば、僕の親の世代の歌手である。絶対に自発的には聞くようなアーティストではない。でも、メンバーのひとり原順子さんが会場で『ちゅらうた』をライブで披露してくれた。

はじめて聴いた曲なのになぜかせつなく、懐かしく、そして、胸にぐっと迫るものがあった。それ以来、ずっとずっと、この音楽のことが頭から離れなくなった。

メイジャーな楽曲ではないことを知りつつも、時間を見つけてはCD屋に足を運んでいた。が、やはりどこにも置いていなかった。仕方なくAMAZONでオーダーし昨夜ようやく届いたのだ。

…丑三つ時まで繰り返し聞いていた。今日は、片方の耳にヘッドフォンをあてて仕事をするありさま。休み時間には両方の耳で。それにしても本当にいい音楽とめぐりあえた。

posted by 僕の細道 at 22:49| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。