2008年02月17日

いいはなし

昨日今日イベントを開催。団塊を意識した結構まったりとしたイベントだったが老若男女が全国から集まってくれた。
http://www.uknow.or.jp/vb/event/performers.html

MCのKさんと土屋さんとの対談が一際観衆を魅了していた。涙を流しながら話に聞き惚れる女性もちらほら。舞台監督のAさんは進行上、心鬼にして、MCに『あと5分』のカンペを出す。でも、土屋さんのトークはまるます盛り上がり終わる気配を見せない。MCのKさんも締めに入ろうとはしない。見かねたAさんはKさんに『直ちに終了』を出す。Kさんは、カンペを目にした瞬間、首をゆっくりと横に振り、土屋さんとの対談を続ける。Kさんは土屋さんの気持ちの高揚だけではなく、観客の表情、息づかいまでもしっかりと見ていたのだ。

実は、Aさんもそのことに気がついていた。「僕の細道さん、僕は、このトーク終わらせたくないね、もっと聞かせてあげたい、でも、仕事がら、ストップさせないといけない、心が痛いね、でもね、Kさんも首を横に振ってくれて正直うれしいんだ」と一言。僕は、土屋さんのトークよりAさんとKさんのやりとりをずっと見ていた。ぴりっと張り詰めた緊迫感のなかに温かい信頼感もあった。と、同時に、2人のプロ意識を垣間見れたような気がする。

歌の中では、藤田さんのライブに感動。10年前に流行した「ひたまりの詩」を歌ってくれた。聞いたことがあったけど意識したことがなかった。ステージ横で「いい歌詞だなぁ」とつぶやく。歌の最中、厳寒のイベント会場が、嘘みたいだが陽溜まりができはじめた。彼女の歌唱力に全身の血液がぐるぐると回転し、からだが急に熱くなる。楽屋でお礼を述べる。再来週、再度、お仕事ご一緒することになり静かに喜んだ。

イベントが成功裏に終わり関係者・出演者たちと有楽町で食事。MさんとKさんとのやりとりが酒の肴。関係者は概ね気がついていた。共催のTFMの皆様、心よりお礼申し上げます。そして、土屋さま、藤田さま、サーカスのみなさま、千野さまお世話になり有難うございました。

SA3A0408.jpg

posted by 僕の細道 at 22:26| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。